« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

銀も金も玉も何せむに

まされる宝 子にしかめやも。

心中や子殺しの事件をニュースで聞くたびに、
子供は親の所有物でなく、
一人の人間であるということを分かってないんだなぁとしみじみ思う。
ましてや、
子供は親に何かするために生まれてくるわけではない。
子供が生まれてくれるだけで、
親はいーーーーっぱい沢山の幸せをもらう。
生まれただけで丸儲けなのに。

福岡の小1殺害事件。
お母さんが犯人だったと聞いてから、
とてもやるせない気持ちでいっぱいだ。
親は重い病気があり、トイレの介助を頼んだら断られ、
「授業参観も来てくれないし、病気のお母さんなんていらない」
と子供に言われたから殺害に及んだという。
子供もADHDの障害があるそうだけど、
障害のあるなしに関わらず、
親を思いやって手伝って、
優しい言葉をかけるなんて小1の子には難しいんじゃないか。
授業参観に来てほしかったのは子供の素直な気持ちだし、
それだけお母さんが好きだからじゃないのか。

そんな大好きなお母さんに手をかけられ…
子供の気持ちを考えただけで、悲しくて涙が出そうになる。

病気に絶望するのなら、
なぜその矛先を子供ではなく、自分に向けないのか。
重い障害や病気を抱えても、
希望をもって立派に生きている人は沢山いる
(そんな素晴らしい人たちをパラリンピックで見たばかりだ)。

どんな理由があろうとも、
子供を殺して良い理由なんてあるはずがない。
殺したいほど悩んでいるなら、
どうして誰にも助けを求めなかったのか。
どう考えても納得出来ないし、
悪いけど親の身勝手としか思えない。

亡くなったお子さんのご冥福を心よりお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一寸先は…?

昨晩TVでシュワちゃんの大ヒット作『コマンドー』がやっていた。
新聞を見てみたら、85年の映画かぁ…もう20年以上も前だ;

長女にだいぶ古い映画だよという話をしたら、
「この人まだ生きてる?」
生きてるどころか、カリフォルニア州の州知事だよ。
この時はまさかそんな大出世するとはねぇ。

人生何があるか分からないけれど、できないことって案外少ないのかもなんてふと思った。
080917_1750002


さー、うちの子たちは一体どんな大人になるんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土鍋deごはん・ふたたび

以前書いた「土鍋deごはん」に検索で来られる方が多いようなので、現在の土鍋生活を。

一昨年の冬、王子を妊娠してからすぐつわりが始まり、ごはんのニオイがダメで土鍋さんはすっかり隅においやられていました。仕舞う場所もなく、台所の床に起きっぱなしになっていたのですが、ふと気が付けば誰かが蹴飛ばしたのか、上蓋にヒビが入ってる;なんとか修理できないかとあれこれ調べたら、普通の食器や陶器用のボンドはあるけれど耐熱性がなかったり、昔ながらの修理法「金接ぎ」は土鍋の値段よりもお金がかかってしまう…。そんな訳で、土鍋さんとは泣く泣くお別れをすることに。
で、産後ちょっと余裕が出てきて、また土鍋ごはんが食べたくなった。でも子供たちも大きくなってきて、さすがに3合では足りない。でもまたあのおいしいごはんが食べたいなぁ。
調べたところ、5合炊きもあるらしい。色々あるけれど、前にも使っていた和平フレイズの「ほんわかふぇ」シリーズが一番使いやすそう。早速楽天で一番安いところを探して買いました。

5合炊きは3合炊きと比べるとかなり大きく、重い!!でも、なんとか両手で持ち上げられる重さ。かさばるけど毎日使うからガスレンジの上に置きっぱなしだし、まぁいいか。
やっぱり土鍋ごはんはおいしい!深さに余裕があるから、頑張れば7〜8合くらいまで炊けそう。
シチューや煮物もできるようだけど、我が家では毎日ごはんを炊くのに使っているから他の用途ではまだ使ったことがありません。玄米もおいしく炊けるし、土鍋様々です☆
0825deji019
今現在私が買ったお店フレスカショップ では今3合炊きまでしか売ってないみたい。よろづや百貨 は定価3,465円 (税込) のところ特価1,979円 (税込) 送料込みだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めまして

家で亡くなった=変死扱いとなるので父の遺体は警察署へ。
警察から連絡が入り、駆けつけた私と妹。
母は精神的な病気で入院しているので、ショックを与えないよう父の死を伝えていないから、私と妹であれこれやらなきゃいけない…。

警察署で検死して携帯電話などの所持品を調べて、葬儀場へ移送してもらうことに。
葬儀場が混んでいるので5日間ほど預かってもらい、
その間に父の携帯電話や手帳を見て、片っ端から連絡しました。

生前、妹に「葬式はせず、身内だけで密葬にしてほしい」と言っていたそう。でも、身内がいるなら亡くなったことは知らせないといけない。だけど、父の兄弟が何人いるかも分からない…。
とりあえず同じ名字の人に電話してみた。
どうやら関西に住んでいる長男らしい。
父の兄弟は、お兄さんと弟、妹の全部で3人。
話には聞いていた90歳過ぎのお母さんは、今体調を崩して入院中だそう。話しても分からないだろうというので知らせないことにしました。
連絡先が分からない妹さんにはお兄さんから連絡してもらうことになったけど、父はお兄さんとは長らく音信不通だったとか。遠いから行けるかどうか、というお兄さんに、父の希望で密葬だから来られなくても大丈夫と伝えました。

さて難関は父の元奥さん。
母と結婚する前に結婚していて(だから母とは再婚)、ちらっと聞いたところによると確か子供が何人かいるはず。
調べたら、父と同じ名字の女性が2人。電話したら元奥さんが出ました。
聞いたところ、娘さんが2人いるという。私のお姉さんが2人か…。
亡くなったと伝えたらビックリしていたけれど、こちらもやはり急だし遠いし、とのことだった。


あとは家の片付けを…と思っていたら、妹の彼がありがたいことに、「お父さんにお世話になったし、これ以上つらい思いをさせたくない」と家の片づけをほとんど1人でやってくれた。夏場で大変な状態だっただろうに…本当にありがとう…。

そして葬儀の当日。
時間になってみたら、父のお兄さんと弟さん、そして娘さんたちもわざわざ遠路はるばる来ていた。
さらに、母と離婚した後結婚していた(その後離婚)女性と子供も。なんと今中2の男の子が父の子だという。あぁ、私の長女(中1)と変わらない年の弟がいたなんて…!(笑)

どんな顔してるんだろうと思ったけど、お姉さんたちは2人とも美人で、面影が少し父に似ていた。年の離れた弟は、ちょっと私の妹に似ていた。
もう会う事もないだろうけど、こんなことがなければ一生お互い知らないままだったんだろうなぁ。お葬式で参列者全員と「初めまして」なんて父らしいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れ

7月の初め、父が死んだと電話がかかってきた。
同じ都内に住んでいながら、ほとんど会っていなかった父。
儲け話ばかり追いかけて、なんだか怪しい「コンサルタント」なんて仕事して、借金作ったり、同じマンションの同じフロアの女と浮気して、母たちが留守の間に家へその女を連れてきたり、挙げ句の果て詐欺で捕まった事も。
元々家にじっといるような父ではなかったので、小さい頃から「今度はいつ来るの?」ってな状態。それも私が中学の時に離婚してからは別々に済むように。
でも子供がかわいそうだと思ったのか、なぜか一緒に食事したり、旅行したりしていた。
だけど、私はそんな不誠実な父がいやだった。母が私に暴力を振るうのも父のせいだと思っていた。

結婚したあと、たまに私の携帯に電話がかかってくるけれど、面倒くさくて何度かに1回は居留守を使っていた。

0917ketai049

そんな父もすっかり年を取り、病気で弱って何度も入退院を繰り返していた。母のことでよく父と会う妹に「お姉ちゃんのことを心配している」と言われ、王子を妊娠したのを機に父と電話で話すようになった。
王子が生まれ、病院まで来てくれた父はすっかり痩せて、小さくなってしまっていた。今年の春休みには小さい頃会ったきりの長女と次女も連れて、みんなでごはん食べようと約束した。

春休み。
約束通り電話したら、仕事が忙しくて都合が付かないという。
仕方ない、じゃあまた今度ね。そう電話を切った。

その後、長女も中学に入学し、運動会があったりして日々忙しく過ぎ…その矢先の電話だった。
亡くなったのは、父の家。脳梗塞だか心筋梗塞だか原因は不明だけど、いきなり家の中で倒れてしまったらしい。
一人暮らしで倒れて誰にも気付かれず、2週間ほど経ってから家に来た知人が見つけたそう。
電話しなきゃと思いながらも電話しなかった私。
電話に出なくて返信がないなあと思いながらもそのままだった妹も、もっと早く気付いてあげればと泣いていた。
会おうと思ったけど仕事だと言われた、と妹に話したら、「最近具合が良くなかったから、外出できなくて…心配かけないためにそう嘘をついたんだよ」と言われた。
だめな父だったけど、それでもやっぱり私の父だった。もっとちゃんと話をしておけばよかった。後悔してももう遅い。
ごめんね。

…その後、びっくりするような出来事が待っていた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »