« 一寸先は…? | トップページ | 明日私は旅に出ます »

銀も金も玉も何せむに

まされる宝 子にしかめやも。

心中や子殺しの事件をニュースで聞くたびに、
子供は親の所有物でなく、
一人の人間であるということを分かってないんだなぁとしみじみ思う。
ましてや、
子供は親に何かするために生まれてくるわけではない。
子供が生まれてくれるだけで、
親はいーーーーっぱい沢山の幸せをもらう。
生まれただけで丸儲けなのに。

福岡の小1殺害事件。
お母さんが犯人だったと聞いてから、
とてもやるせない気持ちでいっぱいだ。
親は重い病気があり、トイレの介助を頼んだら断られ、
「授業参観も来てくれないし、病気のお母さんなんていらない」
と子供に言われたから殺害に及んだという。
子供もADHDの障害があるそうだけど、
障害のあるなしに関わらず、
親を思いやって手伝って、
優しい言葉をかけるなんて小1の子には難しいんじゃないか。
授業参観に来てほしかったのは子供の素直な気持ちだし、
それだけお母さんが好きだからじゃないのか。

そんな大好きなお母さんに手をかけられ…
子供の気持ちを考えただけで、悲しくて涙が出そうになる。

病気に絶望するのなら、
なぜその矛先を子供ではなく、自分に向けないのか。
重い障害や病気を抱えても、
希望をもって立派に生きている人は沢山いる
(そんな素晴らしい人たちをパラリンピックで見たばかりだ)。

どんな理由があろうとも、
子供を殺して良い理由なんてあるはずがない。
殺したいほど悩んでいるなら、
どうして誰にも助けを求めなかったのか。
どう考えても納得出来ないし、
悪いけど親の身勝手としか思えない。

亡くなったお子さんのご冥福を心よりお祈りします。

|

« 一寸先は…? | トップページ | 明日私は旅に出ます »

コメント

同感です。
供述もとても不自然。
トイレの介助
本当に必要なのか?
そんな重病者が公園まで遊びに行くでしょうか?
子供殺害後、トイレ脇まで運べるでしょうか?
携帯を森まで捨てに行けるでしょうか?
まず、子供の首を絞めて殺せる力があるのに
生活最低レベルのトイレは介助が必要?
しかも小1の子供に?
絶対におかしい。
エアーホースを自分の自殺用に持ち歩いたとの供述についても、そんなもんで死ねるわけが無い。
首つりだと切れるでしょうし、
まさか自分の首締めて死ねると思ったのだろうか?

まだ、殺害後直ぐに自主しておれば同情も出来たであろうが、この親は自分が大事なのであろう。
普通で無いのは間違いない。

亡くなられた子供。
大きな声も、服の乱れも全く無かったと聞く。
この世で唯一の信頼してた母親だったのだと
物語ってる。
悲しすぎる。

投稿: kちゃん | 2008年9月24日 (水) 15時04分

>kちゃんさん
初めまして、
コメントありがとうございました。

本当にそうですよね。「育児ノイローゼでした」ならまだ(それでも決して許されることではないけど)同じ母親として同乗の余地があったかもしれません。トイレすら介助が必要なら、普段子供が学校に行っていた間はどうしたんだろうとか、50センチしかないホースで自殺できるのかとか、おかしいことだらけですよね。文字で読んだだけだとニュアンスが分かりませんが、母親の供述は子供ばかり責めているようで、とても辛いです;
次は幸せに生まれ変われますように…。

投稿: べあ | 2008年9月24日 (水) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499/23983150

この記事へのトラックバック一覧です: 銀も金も玉も何せむに:

« 一寸先は…? | トップページ | 明日私は旅に出ます »