ほほえみどろぼう

外を歩いていると、王子を見てニッコリ顔をよく見かける。
忙しそうに恐い顔して歩いている人がすれ違いざまに思わずニヤリ。
信号待ちをしている時にふと横を見ると、王子に微笑みかけてるおばさん。
茶髪ピアスだらけの兄ちゃんも、電車の中でこっそり王子にいないいないばあしたり。
1人で歩いていた時は、肩がどすんとぶつかってもあやまらない人、危ない暴走自転車なんかにイライラしたりしてたけど、今は人の笑顔がいっぱい見られてよかったな。
Deji0508046今日も朝からこんな感じで和ませてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳首はダメよ

元々甘ったれでママにべったりの次女(小2)なんですが、 最近年度末で疲れるのかさらにベタベタ甘えてます。 膝の上に座って抱きついてきて、 おっぱいにほっぺをすりすりしたりそっと触ってみたり。
「触ってもいいよ。」
って言ったら、嬉しそうにもみもみ。
「なんか安心する〜。」
だって。軽く赤ちゃん返りなのかな。


そのうち調子に乗って、人の乳首をひっぱったりつねったりしたので、
「乳首はダメ!」
「なんでー、伸びちゃうから?」
いや、伸びはしないだろうけど痛いよ…;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さびしんぼう

昨日のこと。
いつもように昼食のあと、ちびたちはだんなの実家(自転車で5分)に遊びに行きました。
だんなはギター弾いたり私は本読んだりして、のんびりだらだらした午後を過ごし、そろそろ帰ってくるかなという時におじいちゃんから電話。
なんだろう?
電話に出ただんなはなんだかイライラ声。
何かあったのかな…?

電話を切った後、だんなはプンプンしながら、
「『カレー作っちゃったし、夕飯も食べさせていい?』だって。こっちも夕飯の用意してるのに、『もう作っちゃったから』だよ。もっと早く言えばいいのに、作っちゃえば食べていくだろう、っていうのがズルすぎるよ!子供達は明日の用意もしてないし、帰ってからお風呂も入らないといけないのに!」

いや、あなたがごはん作る訳じゃないんだからそんなに怒らなくても。
と思ったけど、よくよく話を聞いていたら、どうもちびたちが帰ってくるのが遅くなったから寂しいらしい。普段家にいたらうるさくてしょうがないのにね。
「まあまあ、たまにはおじいちゃんたちもちびたちとごはん食べたいんだよ。いいじゃん。」
ぶつぶつ言うだんなをなだめ、2人で静かに夕食。
8時頃に実家から帰るコールがあって、だんながいそいそと迎えに行きました。


ところが、帰ってきたとたん、だんなの怒り声が。
実家で遊びすぎて疲れたのか、長女も次女もぐずぐずになっていて、なんだかんだと怒られながら寝ることに。しょうがないなぁ、もう。
ま、親子はこんなもんです。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

わたしの家族

長女のクラスは毎週月曜日に日記の宿題がある。
今日は「わたしの家族」というテーマで宿題が出ていた。


一体何を書いてるんだろう?
一生懸命書いている横からチラ見してみた。

「わたしのお母さんは、わたしに何かあったときにいつも
 なぐさめてくれるやさしいお母さんです。」

ヨシ!!
心の中でガッツポーズ。


「わたしのお父さんは、しつこいところもあるけど、やさしい
 いいお父さんです。」

あはははは!!

そう。
うちのだんなは遊びがエスカレートして泣かせてしまったり、
寝る前だというのに興奮させて眠れなくさせてしまったり、
ほんと子供っぽい。
そういうところを子供はよく見てるのねぇ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

号 泣

昨晩のこと。
長女と次女の布団の間に横になって、話しながら寝かしつけていたら、次女がいきなり起きあがって、わーっと泣き出した。
急なことにびっくりして聞いてみたら、

次女「防災ずきん、無くしちゃった…。」

新学期が始まる前から探してたけどカバーしか見当たらず、先週火曜日の始業式にはとりあえずカバーだけ持っていったらしい。
で、それから毎日一人でこっそり自分の机やら子供の部屋を探していたんだけど見つからない。
学校では避難訓練もあるし、無かったら困る。
どうしよう…。

ってな風に、一人で一週間近くも悩んでいたらしい。


次女「怒られると思って言えなかった…。」

号泣しながら言う次女。
元々自分の意見をはっきり言えない性格の上、こんなに大事な物(次女の中では)を無くしてしまって絶対怒られると思っていたらしい。
あぁ、かわいそうに、一人でずっと悩んでいたんだなぁ;
わざとじゃないんだし、無くし物なんかで怒らないよ、大丈夫、
と話したらちょっとほっとしたみたい。
(ママはそんなに恐いと思われていたのか…。orz)


すぐに子供部屋を探してみた。
そこへだんなが来て、防災ずきんを探している話をしたら、
「それなら、ここにあるよ。」
どうやら下に転がっていた防災ずきんを見つけただんなが机の棚の上にぽいと置いたらしい。
(※うちの子供机は本棚タイプの細長い机で、 棚の上は高くてイスの上に乗らないと子供は手が届かない。)
子供の物は自分たちで管理してるんだから、勝手に手の届かない場所に置いちゃダメよとだんなに注意して、すぐ次女に見つかったと報告。
すごく嬉しそうな顔をしてました。
よかった。

あまりにも号泣したからか、翌日は目が腫れて顔がパンパン。でもとてもすっきりした顔をしてました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)